おぢや風船一揆2018年の日程は?見どころやアクセス情報も

Pocket

寒い冬でも、楽しくて遊べるイベントが、いろんなところで開催されるようになりましたね。

そんなイベントの1つ、おぢや風船一揆が話題になっています。

会場となつ小千谷市といえば、雪国・新潟なのですが、雪国でよくある雪像のイベントではないのです。

一体どんなものなのか、アクセス情報なども含めて調べてみました。

スポンサーリンク

おぢや風船一揆とは?

1977年に第一回目が開催された、おぢや風船一揆

2018年で41回目となるわけですから、かなり長く続いているイベントですね。

気になるワードの“風船”とは熱気球のこと。

おぢや風船一揆は、熱気球がメインとなるイベントなわけです。

日本を代表する熱気球大会の1つである、日本海カップ・クロスカントリー選手権がこのイベントで開催され、ここ最近は40機の熱気球が参加する大きな大会となっています。

また、熱気球の試乗ができ、空から雪原をみる体験はとても人気があります。

初日の夜には、熱気球や雪灯篭での灯りのイベント・グローバルーンフェスティバルが開催され、花火の打ち上げもあってやはり人気が高いです。

これらのプログラムについては、見どころの方で詳しく紹介します。

おぢや風船一揆 2018年の日程

2018年のおぢや風船一揆は、2月25日(土)・26日(日)に開催されます。

時間は、両日とも8時から18時で予定されていますが、積雪量や天候により中止されることもありますので、その点は理解して出掛けましょう。

会場となるのは新潟県小千谷市で、以下の2会場となります。

  • 西中会場 熱気球競技大会
  • 平沢会場 熱気球試乗体験など

おぢや風船一揆の見どころ

日本海カップクロスカントリー選手権

ヘア・アンド・ハウンドという競技が行われます。

これは、ヘア気球という主催側の気球が先に離陸し、それを追いかけるように競技参加気球が一斉離陸します。

ヘア気球は、離陸から30分後にはある地点に着陸し、そこにターゲットを設置します。

競技参加者は、このターゲットに目掛けてマーカーというものを投下を行います。

マーカーが、ターゲットからどのくらいの地点に落ちたかをポイント化し、3回の投下を行ってその合計で順位を決めて行きます。

ヘア気球の着陸地点は、主催側しか知りません。

30分後の着陸までの間、ヘア気球は競技参加者が追いかけにくくなるような飛行をします。

この様子からきたのか、ヘア・アンド・バウンドは別名でうさぎ狩りと呼ばれています。

マーカーが、ターゲットのより近いところに落とされるかどうかも見どころですが、色とりどりの気球が一斉に離陸するところや、さまよい飛ぶところもなかなかおもしろいですよ。

熱気球試乗

機会がなければ、まず乗ることのできない熱気球に乗り、真っ白な地上を眺めるのは、このおぢや風船一揆ならではと言えます。

地上とはロープで繋がれていますから、風に乗ってどこかへ行ってしまうなんて心配はいりません。

有料となりますが、行ったらぜひ試乗してみて下さい。

グローバルーンフェスティバル

初日の夜に開催される、灯りのイベントです。

カラフルな熱気球がふんわりと浮かび、バーナーの火が灯りとなって、さながら巨大な提灯のように見えます。

その回りには、雪灯篭の小さな灯り。

そして、打ち上げ花火です。

夜空の下に、なんとも幻想的であたたかな灯りたちが雪原を照らします。

これが評判となっていて、泊りがけでイベントへやってくる人もいるそうですよ。

おぢや風船一揆のアクセス情報

車で来場する場合は、関越自動車道の小千谷ICで下車し、約10分ほどで西中会場に到着します。

平沢会場へも約10分くらいにですが、どちらの会場までも雪道の上に混み合う可能性があるので、余裕をもって運転して下さいね。

駐車場は用意されていますが、日程が土日ですからやはり混み合う可能性はあります。

JRを利用するば、そこからはシャトルバスが運行されてますので、雪道運転に自信のない人は公共交通の利用をおすすめします。

さいごに

会場には、子供さん向けの遊べる場所として、大きな滑り台やチューブ滑りなどが用意されています。

ですので、雪遊びができる格好で来場した方が良いですね。

保護者の方も、スキーウェアまででなくとも、防水加工のされたウエア上下と雪靴で行きましょう。

ウエア・雪靴は、ホームセンターや作業着などを専門に取り扱うお店で、意外と安く購入することができますからおすすめです。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る