抜け毛やかゆみなどの頭皮トラブルは3つの方法で解消しよう!

Pocket

抜け毛やかゆみ、フケなどの頭皮・頭髪トラブルは、男性によくあるものだと思っているところがありましたが、最近は女性でも大きな悩みの種になっています。

頭皮・頭髪のトラブルは、生活習慣の改善やストレスの緩和が大事になりますが、同時に髪を洗う時に3つの注意点を守ることで解消できるようになります。

スポンサーリンク

低刺激のシャンプーを選ぶ

かゆみもある抜け毛のトラブルは、主だった原因は頭皮の乾燥にあります。

乾燥の原因は、最初に説明している通りで、生活習慣の乱れやストレスなので改善が大事だと言うわけです。

もう1つ、頭皮の乾燥の原因としては髪を洗う時にいくつか注意点があって、その1つが使用しているシャンプーは低刺激な成分が配合されているかどうかなんです。

最近では、髪や頭皮に優しいシャンプーと謳った物が増えているので、選びやすいように思えますが、残念ながら全く低刺激な成分だけという物ばかりでもありません。

比較的安心して使用できるのは、アミノ酸系と言われるシャンプーです。

ただ、アミノ酸系は他のシャンプーに比べると、同量でも価格が高めなのが難点です。

それでも、頭皮に優しければ抜け毛もかゆみも減ってきます。

また、乾燥が悪化していくと頭皮に湿疹が出てくることもありますが、そういう状態ならばアミノ酸系をおすすめします。

正しく洗う

頭皮が乾燥しないように注意することの2点目は、髪を正しく洗うことです。

洗う前に、お湯でさっと汚れを落としますよね。

その時に、皮脂などをしっかり落とそうと、熱いお湯を使ってはいけません。

皮脂が落ちすぎると、かえって乾燥を招きますよ。

次はシャンプーを手に取り、しっかりと泡立ててから髪へつけましょう。

泡立てずに直接シャンプーを髪にのせ、そこで泡立てる人もいますけれど、頭皮にべったりとシャンプーが付くのは良くありません

洗う時、指を立ててごしごしと強く洗う人もいますが、これは頭皮を傷つけて炎症を起こすことになりかねません。

指の腹で優しくマッサージするように洗いましょう。

洗い流す時は、洗った時間の倍くらいかけてしっかりと流しましょう。

熱いお湯でない限り、シャンプーをしっかり洗い流しても頭皮に悪影響になることはありません。

むしろ、洗い流すのが中途半端ですと、シャンプーの刺激成分が残ります。

濡れたまま放置しない

自然乾燥で髪を乾かす人もいると思いますが、それは雑菌を増やすことになるので、かゆみは増しますし臭いもしておすすめできません。

だからと言って、ドライヤーを長時間あてるのも頭皮や髪にマイナスにしかなりません。

ですので、まずはタオルドライをしましょう。

乾いたタオルで頭皮の水分を取り、髪の水分はタオルで挟んで丁寧に取っていきます。

もちろん、ごしごしはダメですよ。

ある程度水分を取ることが出来たらドライヤーの出番です。

髪の根元部分をしっかりと乾かして、あとはさっと全体を乾かせばOKです。

できれば、低温設定で行いましょう。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る