厚岸町のあっけし牡蠣まつり2018の日程!牡蠣のお値段は?

Pocket

北海道の東、釧路と根室の中間辺りに位置する厚岸町は海産物で有名で、特に牡蠣の町で知られています。
そこで、たくさんの人で賑わう、あっけし牡蠣まつりについて調べてみました。

  • あっけし牡蠣まつりとは?
  • 見どころ牡蠣のお値段は?
  • あっけし牡蠣まつりの日程
  • アクセス方法や駐車場は?

スポンサーリンク

あっけし牡蠣まつりとは?

厚岸町は海沿いの町で、昔から漁業が盛んです。

あさりやホタテ、牡蠣などの貝類が美味しく、特に牡蠣に関しては、道内有数の産地と言われています。

そんな厚岸の味覚を楽しむお祭りが、あっけし牡蠣まつりです。

格安で販売されますし、有料にはなりますが焼き台などの貸し出しもあるので、その場で食べることができるんですよ。

他にも、牡蠣ラーメンやあさり汁の販売もしています。

個人的には、牡蠣を卵でとじた牡蠣丼が美味しかったです!

ぷりっぷりの肉厚な牡蠣で、食べごたえもありましたよ。

牡蠣丼

あっけし牡蠣まつりの日程

2018年のあっけし牡蠣まつりは、9月30日(土)~10月9日(月・祝)の予定です。

期間中の日曜日に「ちびっ子あさりつかみどり」や「厚岸名産牡蠣のつかみどり」などのイベントがあるようです。

期間中の日曜日は、10月1日10月8日になります。

開始時間は10時30分からなので、余裕を持って10時にはイベント会場に到着していたほうがいいですね。

見どころ・牡蠣のお値段は?

実はこのあっけし牡蠣まつり、期間が1週間以上もあるんですね。2018年も10日間開催される予定です。

2015年も同じ期間で開催され、何かしらのイベントがあったのは、日曜日にあたる2日間でした。その中で面白いのが、海産物のつかみどりなどのイベントです。

2015年の海産物のつかみどりイベント ※荒天で中止になることもあります

◎2015年10月4日
・チビッ子あさりつかみどり 10時30分~
・厚岸名産牡蠣のつかみどり 11時~
・牡蠣殻積み上げ大会    12時~
・サンマつかみどり     12時30分~
◎2015年10月11日
・チビッ子あさりつかみどり 10時30分~
・厚岸名産牡蠣のつかみどり 11時~

これ以外の日は、ただただ厚岸の秋の味覚を楽しむこととなります。そこで気になるのは、牡蠣などのお値段ですよね。

価格については、その年の育ち具合で違いがあるでしょうけど、かなりお安く購入できるようです。

数年前の祭りでの販売価格は、LLサイズ(120g以上)でも1枚200円はしませんでした。贈答用で15枚4千円以上するようですから、かなりお安いかなと思います。

アクセス方法や駐車場は?

あっけし牡蠣まつりの会場は子野日公園です。

子野日公園にも乗用車約70台分ほどの駐車スペースがありますが、お祭り期間中は臨時駐車場も用意されるようで、例年1200台ほど駐車できる情報があります。スタッフの方の誘導があるのではないかと思われます。

公共交通機関を利用する場合、JR花咲線厚岸駅からくしろバスの霧多布(きりたっぷ)線か床潭(とこたん)線に乗り、子野日公園で下車してすぐです。

さいごに

厚岸町で印象的なのが、何と言っても赤い厚岸大橋です。昭和49年に北海道初の海上橋として開通しました。

あっけし牡蠣まつり会場の子野日公園には、厚岸駅側から来る場合、この橋を渡って行くこととなります。

この厚岸大橋が見えてくると、いよいよ牡蠣を食べられるか!と感じるはずです。

北海道の秋の味覚が勢ぞろいしてると言っても過言ではない、あっけし牡蠣まつり、存分に味わって下さい!

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る