常盤平さくらまつり2018年の日程は?見どころやアクセス情報も

Photo: 常盤平さくらまつり by Hiroyuki Yoshikawa

Pocket

千葉県松戸市の新京成電鉄に沿うように、八柱駅・常盤平駅・五香駅の3駅に渡って常盤平さくら通りという約3キロの桜並木があります。

この常盤平さくら通りをメイン会場として開催されるのが、常盤平さくらまつりです。

50万人も来場するほど人気のこのお祭りについて、見どころやアクセス方法などを調べてみましたので紹介します。

スポンサーリンク

常盤平さくらまつり2018年の日程

2018年の常盤平さくらまつりは、4月1日(土)2日(日)に開催されます。

どのような行事があるかはまだ確認できませんでしたが、下記の時間帯で行われるかと思います。

尚、お祭り期間を含めて、ライトアップが予定されてますので合わせて紹介します。

・4月1日 11時~19時
・4月2日 10時~18時
・ライトアップ期間 3月18日(土)~4月9日(日) 17時~23時

常盤平さくらまつりとは?

総距離3キロ以上ある常盤平さくら通りの内、2.5キロを歩行者天国にして開催される常盤平さくらまつりは、市民参加型のお祭りです。

1957年頃、松戸のこの地域では、土地区画整理事業の一環として常盤平団地の建設が始まりました。

当時、周辺道路は農道のような道路であったため、建設のための車両が往来するには不向きで、幹線道路などの整備も行われました。

その時に出来た道路の1つが、現在の常盤平さくら通りです。

常盤平団地の造成時に、街路樹として桜が植えられて、今ではオオシマザクラソメイヨシノ625本ほどあります。

常盤平さくら通りだけではなく、周辺は緑の多い道路があり商店街もあることから、普段から買い物や散歩コースなどとなって賑わいがあり、桜の開花に合わせて開かれるようになったのが常盤平さくらまつりなのです。

周辺の小中高校から、よさこいソーラン踊りや吹奏楽の演奏ステージなどもありますし、たくさんの露店が並びますから、家族連れの姿もたくさん見られる、正に市民や近隣の市町村の人も楽しむお祭りとなっています。

スポンサーリンク

常盤平さくらまつりの見どころ

常盤平さくらまつりの見どころは、何と言っても桜並木の通りです。

道の両側に桜が植えられているので、歩行者天国となると桜のトンネルの中を歩いている状態になります。

この通りは、1987年に日本の道100選にも選ばれるほど、景観の良い道として認められています。

約2キロの距離を歩けば、その見事さが実感できるのではないかと思います。

2018年で46回目を迎える祭りですから、桜は樹齢50年くらいになる物もあります。

ソメイヨシノの寿命は、60年くらいだと言われています。

そこからみると、常盤平の桜は古木の方に入りますね。

ただ、手入れがされていない場合の寿命のようですから、きちんと手入れがされていれば100年を超えるものもあります。

常盤平の桜並木の桜も、長く楽しませてくれると良いですね。

さらには、常盤平駅から常盤平団地へ向かう常盤平けやき通りも祭りの会場となっているのですが、この通りも新日本街路樹100景に選ばれている道です。

なので、日本の100選に選ばれた2つの道を使用する常盤平さくらまつりは、道と樹木の調和がとれた景観を楽しめることになるわけですね。

常盤平さくらまつりのアクセス情報

常盤平駅

常盤平さくらまつりの会場は、駅前の道路になりますから、その周辺の有料駐車場は利用できません。

また、臨時の駐車場も用意されていません。

会場が駅からすぐの場所であることから、新京成電鉄を利用しての来場がしやすいですから、どうしても車と利用する場合は、会場から離れた新京成電鉄駅周辺の駐車場を利用すると良いでしょう。

また、会場側ではない常盤平駅周辺にも有料駐車場があります。

ただ、それほど台数は停められませんので、すぐに満車になるでしょう。

駅から離れますが、21世紀の森と広場という大きな公園の有料駐車場ならば、100台以上の台数を停めることができます。

下記に駐車場情報のサイトを紹介します。

参考:いつもNAVI 常盤平駅周辺駐車場

車でのアクセス

・国道6号線-県道281号線-県道51号線-常盤平駅周辺

公共交通でのアクセス

・新京成電鉄 常盤平駅・五香駅下車 各徒歩約1分

どちらの駅で下車しても、常盤平さくら通りまでは徒歩1分くらいですが、ステージ会場は常盤平駅からの方が行きやすいです。

さいごに

折角の桜祭りですから、やはり主役の桜には咲いていて欲しいですよね。

2月に発表されている千葉県の桜開花予想では、銚子で3月28日頃とされいて満開予定は4月4日です。

お祭りの期間中は、予想通りであれば満開一歩手前くらいで、かなり見応えがあるお花見となるのではないでしょうか。

あとはお天気に恵まれたいですね。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る