江刺甚句まつり2018年の日程は?見どころやアクセス情報も

Photo: 奥州市 江刺甚句祭り by Sugaaaaa "LFLC"

Pocket

岩手県奥州市江刺区で毎年開催されている江刺甚句(えさしじんく)まつりは、この地区で伝承されてきた江刺甚句踊りを主体に、パレードなどが行われる市民参加型のお祭りです。

2018年で第44回を迎えるこのお祭りは、GW期間中に開催されることもあり、大変な賑わいをみせます。

そこで、見どころなどを調べてみましたので紹介します。

スポンサーリンク

江刺甚句まつり2018年の日程

2018年の江刺甚句まつりは、5月3日(水・祝)宵まつり4日(木・祝)本まつりで開催されます。

会場はメインが大通り公園(おまつり広場)で、周辺の道路が歩行者天国となりパレード会場となる箇所もあります。

タイムスケジュールについては、4月1日現では2016年のもので案内はあり、2018年についてはお祭りが近づいてくるまでには案内があるはずです。

下記に公式サイトへのリンクを貼りますので、お祭りへ行く前にチェックしておくと良いかと思います。

参考:江刺甚句まつり公式サイト

江刺甚句まつりとは?

1731年から1906年までの間、この地区では岩谷堂大火など7回の大火災にありました。

何度も災難に見舞われ、地区では火災防止と復興を願って地区にある秋葉神社例祭として、火防(ひぶせ)祭を執り行うようになりました。

このお祭りでは、その時代時代で仮装踊りなどが取り入れられたり、25歳と42歳の厄年連が参加するなどして、地域を代表するお祭りとしても華々しいものがあったのですが、やがてもっと市民が参加できるお祭りに…と希望が出るようになりました。

そして1974年からは、市民が参加するお祭りとして江刺甚句まつりという名称で生まれ変わり、開催時期も5月のGW時期となりました。

ところで、江刺甚句とはなにかというと、この地域で伝承されてきた江刺甚句踊りというものがあります。

200年ほど前からあるとされている一方で、形態などから発祥を探ると400年ほど前まで遡る可能性もあるとされています。

いずれにしても、地域で大事にされてきた唄と踊りであり、現在はアレンジされて老いも若きも参加するお祭りで、やはり大事にされるいわば「地域の宝」的存在です。

スポンサーリンク

江刺甚句まつりのアクセス情報

水沢駅

お祭りの期間中、会場周辺は交通規制があります。

駐車場は、周辺にいくつか用意されていて、全部で千台ほどのスペースがあるのですが、会場に近いところほど混雑しています。

こちらも2016年の案内のみなので、参考までの紹介となりますが、例年は会場から離れているJA江刺本店に無料駐車場が設けられていて、会場までシャトルバスが運行されます。

2018年も同じようになれば、こちらの利用が会場入りにはスムーズでおすすめです。

2018年の交通規制と駐車場・シャトルバスなどの案内は、日程の項目で紹介しています公式サイトで確認をしてみて下さい。

・東北自動車道 水沢IC下車-県道8号経由 約10分

公共交通でのアクセスについては、下記の通りとなっていますが最寄り駅からは車などでの移動となります。

・東北新幹線 水沢江刺駅下車 車で約10分
・JR東北本線 水沢駅下車 車で約15分

江刺甚句まつりの見どころ

江刺甚句まつりでの見どころは、祭りの名称にもなっている江刺甚句踊りです。

宵まつりでは、14時から15時30分で地元小中学校のチームによる踊りが、パレード形式で披露されます。

15時30分からは、大通り公園(おまつり広場)にて25歳と42歳の年祝連チームにより、踊りの披露や主催イベントが20時30分まで行われます。

つまりは、江刺甚句踊りはどの年代でも踊れるもので、同時に伝承されているのだというのが分かりますね。

皆さんで伝えていこうとするものがあるというのは、ある種の街の誇りでもあるのではと思います。

本まつりでは、朝から江刺甚句おどりの披露もありますが、神輿渡御町内屋台(山車)の披露など昔から続く行事や、音楽隊の演奏など盛りだくさんのイベントがあります。

正に市民が参加するお祭りです。

そして、この地区で伝承されるもう1つの踊り・江刺鹿踊の各団体が、一緒に踊りを披露する「江刺百鹿大群舞」が14時40分から16時40分まで行われます。

これは鹿の動きを表現した踊りで、岩手県・宮城県やて愛媛県宇和島市など、限られた地域で伝承されているものです。

少人数で行われるのが正式なようですが、江刺百鹿大群舞には約100名の人たちが参加し、一斉に踊られるということで、迫力のある鹿踊を見ることができます。

17時5分から19時15分には、約2千人による江刺甚句大パレードが行われます。

こちらは、伝統的なものをアレンジした踊りのパレードとなり、チームそれぞれの衣装で登場します。

とても華やかで、見応えがありますよ。

(紹介の時間は、2016年のものを参考にしています)

さいごに

この地域は、歴史に関連した名所や施設も多くあり、時代物のドラマのロケ地として利用されているところもたくさんあります。

また、有名歌手のPV撮影が行われたところもあり、ファンの人ですとそこを見ておきたい!というのもあるでしょうね。

GW期間ですから、江刺甚句まつりと一緒に観光も楽しみたい地域かと思います。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る