安倍川花火大会2018年の日程や見どころ。穴場スポットは?

Photo: DSC00120.JPG by ymachi

Pocket

夏が近づいてくると、気になるイベントに花火大会があります。

特に女性は、花火大会に合わせて、新しい浴衣の購入を考えたりもするのでは。

そういうのも楽しいですよね。

各地で開催される花火大会の中で、今回は静岡県静岡市葵区の安倍川が会場となる、安倍川花火大会についてご紹介します。

お出掛け予定のある人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

安倍川花火大会2018年の日程

2018年の安倍川花火大会の日程ですが、4月時点ではまだ正式な発表はありません。

ですが、例年7月最終土曜日であることが多いので、そうであれば7月29日あたりかもしれませんね。

2016年の安倍川花火大会を参考にすると、大会の開始時刻は19時頃で21時の終了時間まで約1万5千発の花火が上がります。

安倍川花火大会とは?

会場は静岡市葵区・駿河区を流れる安倍川の中州で、安倍川橋の上流部になります。

戦没者の慰霊と鎮魂、そして復興への祈りを込め、1953年に始まりました。

ですので、2018年で64回目となります。

尺玉の花火を中心に、スターマイン(連射連発花火)の特大や超特大の物が登場し、かなり迫力のある花火大会になります。

上がる花火には、企業や団体のスポンサーがつくのですが、市民へ募集した物もあります。

それぞれに想いを込められているので、そのメッセージにも注目して欲しいところです。

スポンサーリンク

安倍川花火大会のアクセス情報

安倍川河川敷

まずは、車で行く予定の人のための情報として駐車場についてお話しします。

この安倍川花火大会では、専用・臨時ともに駐車場は用意されていません。

ですが、駐輪場は用意されていますので、自転車での来場の場合はそちらを利用しましょう。

但し、花火大会のために交通規制があります。

車両通行止め箇所はもちろんのこと、歩行者専用区域では自転車から降りて通行する必要がありますので注意して下さい。

駐輪場については、開催日が近くなると静岡市の公式サイトで案内があるかと思いますので、その頃に確認してみると良いかと思います。

駐車場ですが、最寄り駅であるJR静岡駅の南口周辺には、比較的収容台数の大きい有料駐車場があります。

北口から会場までに交通規制がありますから、利用するならば南口周辺を探してみましょう。

ただ、車で来場する人は、同じところの利用を考えているかと思いますので、早めに行くようにした方が良いかもしれません。

<車でのアクセス>
・東名高速道路 静岡IC下車 約20分
・新東名高速道路 新静岡IC下車 約30分
※時間は目安です。

道路の混雑状況で、さらに時間がかかります。

<静岡駅南口周辺駐車場について>
参考:いつもNAVI

<公共交通でのアクセス>
・東海道新幹線、JR東海道本線 静岡駅下車

<会場までのアクセス>
・JR静岡駅から徒歩約30分
・JR静岡駅-静岡県庁南(駅から徒歩約10分) 有料シャトルバス

<駐輪場、シャトルバス乗り場などの確認>
参考:静岡市公式サイト 観光・イベント イベントカレンダー

安倍川花火大会の見どころ

安倍川花火大会とはの項でも紹介していますように、スターマインの特大や超特大が登場しますので、迫力ある打ち上げ花火が期待できます。

また、仕掛け花火も見どころです。

圧巻なのは、ラストの連続スターマインですよ。

会場となる安倍川に架かる安倍川大橋は全長490mほどあるのですが、つまりは川幅もそれくらいになり、ちょうど中間辺りの中州で上げるため、花火の観賞は両岸から可能です。

(一部立ち入り禁止となっているので注意して下さい)

打ち上げ場所のそばに広場や公園がありますが、その辺りだと人出はかなりのものとなりますし、露店も並んでいるので観覧場所としては人気があります。

そこから少し離れた静岡商業高校前の土手も人気ですが、割と余裕があるとの声も聞くので打ち上げ会場そばが混んでいたら行ってみると良いかもしれませんね。

川からは離れますが、花火が良く見えてトイレや急な雨を心配しないで済みことから、子供さん連れの家族に人気の観覧スポットが、アピタ静岡店の屋上です。

花火大会で開放してくれているという情報がありました。

そちらなら、車で行ってもOKかと思います。

さいごに

安倍川と聞いて思い浮かべた人もきっといるかと思いますが、ここが安倍川もち発祥の地です。

安倍川橋の周辺に、食べられるお店があるとのことなので、寄ってみたいですね。

駅から歩いて30分(混んでいるのでそれ以上かも)はキツイかもしれませんが、道すがらにある商店街では、花火大会に合わせてイベントが行われています。

それを楽しみながら、会場へ向かうと意外とあっと言う間かもしれませんよ。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る