前橋七夕祭り2018年の日程は?見どころやアクセス情報も

Photo: 前橋七夕祭り by Hiroyuki KIKUYAMA

Pocket

夏のお祭りというと、花火大会や盆踊りなどがありますが、盛大に七夕祭りを行う地域もありますよね。

代表的なところでは、仙台七夕祭りが思い浮かびます。

関東でもいくつかあるのですが、群馬県前橋市の前橋七夕祭りも人気があります。

どんな見どころがあるのか、アクセス情報や日程と合わせて紹介します。

スポンサーリンク

前橋七夕祭り2018年の日程

前橋七夕祭りは、毎年第一月曜日がある週の木曜から日曜までの4日間で開催されています。

2018年は、7月6日から9日までとなります。

会場は、前橋市中心市街地を中心に、市内各所で行われています。

時間は4日間とも10時から21時30分までで、この時間帯は交通規制もあります。

規制を含めた詳細は、5月中旬現時点ではまだ案内されていませんが、下記のサイトにてUPされますから、行く前にチェックしてみて下さい。

参考:前橋商工会議所 第67回前橋七夕まつり

参考:前橋まるごとガイド 前橋七夕まつり

前橋七夕祭りとは?

2018年で67回目を数える前橋七夕祭りは、地域で行われてきた伝統的なお祭りだと言えます。

北関東でも最大級の七夕祭りで、毎年県外からの観光客も多く訪れます。

メインとなるのは、街中を彩る豪華で華やかな七夕飾りです。

これは、いろいろな団体などが考えて飾られているのですが、コンクール形式になっていてお祭りの初日に審査・発表が行われます。

また、期間中は各種イベントが盛りだくさんに企画されています。

市民が参加するものもありますし、浴衣がキーワードのものもあります。

なので、前橋七夕祭りには、浴衣で出掛けられると良いかもしれませんね。

イベントの詳細についても、今時点ではまだ詳細の案内はありませんので、上項で紹介しているサイトにて確認をしてみて下さい。

スポンサーリンク

前橋七夕祭りのアクセス情報

<車でのアクセスについて>
・関越自動車道 前橋IC下車 国道17号から前橋方面へ 約10分

2016年の情報ですと、ヤマダグリーンドーム第6駐車場が、無料で用意されていました。

会場までは、無料おまつりバスが運行されていましたので、2018年も同様になるのであればこちらを利用した方が良いかと思います。

他にも、前橋駅周辺に収容台数が比較的多い有料駐車場がいくつかあり、そこから循環バスで会場近くまで行くこともできます。

また、収容台数はあまり多くないものの、会場近くの駐車場で利用できるところもありますから、車で行く場合はその時間によっては利用できるかもしれませんね。

<公共交通でのアクセスについて>
・JR両毛線 前橋駅下車 徒歩約10分
・上毛電鉄 中央前橋駅下車 すぐ

JRを利用した場合は、車のところでも紹介していますように、循環バスで会場近くまで行くこともできますし、歩いても10分くらいですから、お祭りの雰囲気を楽しみながら歩いて会場へ向かっても良いでしょう。

前橋七夕祭りの見どころ

一番の見どころとなるのは、街を彩る七夕飾りです。

私たちがよく知る竹笹飾りのものや、大きく長い吹き流しの七夕飾りなどさまざまにあります。

会場の市街地の通りごとに飾られているのですが、七夕飾りコンクールのものは商店街辺りになっていますし、子供たちによる七夕飾りの通りもありますので、これを見て回ってみたいですね。

商店街の中では、野外での飲食が楽しめるところもありますし、露店も出ていますから夏のお祭りを満喫できるのではないでしょうか。

さいごに

せっかく群馬まで出掛けるのならば、周辺での観光も楽しむのに泊りがけで出掛けても良いのではないでしょうか。

良い温泉があるので、立ち寄ってみたいですね。

日帰りだとしても、駅そばで楽しめる温泉まであるんですよ。

美味しい物では豚肉が有名で、豚肉料理のナンバー1を決めるT-1グランプリを2009年から毎年やっています。

グランプリを獲得したお店を紹介するHPもありますからチェックです。

参考:T-1グランプリ

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る