神宮外苑花火大会2018年の日程!おすすめの見学スポットは?

Photo: 神宮外苑花火大会 by Keisuke Kariya

Pocket

東京都新宿区にある明治神宮外苑では、毎年「神宮外苑花火大会」という、人気の花火大会が開催されています。

打ち上げ数12,000発で、来場者数100万人超ですから、用意されている有料席を購入するのも大変そうです。

では、どのような見どころがあるのかなど、日程やアクセス方法と一緒に紹介します。

スポンサーリンク

神宮外苑花火大会2018年の日程

神宮外苑花火大会の2018年の日程については、5月時点では未定です。

例年ですと、8月に開催されるのですが、日にちはその年によります。

参考までに、2016年は8月20日(土)で、19時30分から20時30分までの1時間でした。

花火だけではなく、ゲストによるライブなどもあり、観覧にはチケットが必要となりますから、その販売期間もあるので6月頭には開催日が発表されるかと思います。

公式サイトにて、確認してみましょう。

参考:神宮外苑花火大会公式サイト

神宮外苑花火大会とは?

明治神宮鎮座60年を記念して、1980年に神宮球場を会場に開催されたのが最初で、以後も開催されるようになりました。

現在は、神宮球場をメインとして、秩父宮ラグビー場・神宮軟式球場・東京体育館敷地内の4つの会場で花火を楽しむことができ、打ち上げは神宮第二球場で行われます。

神宮球場と神宮軟式球場では、花火の前にゲストによるライブがあります。

毎年、さまざまなジャンルからゲストが登場しますから、そちらも楽しみたい人はライブのある2つの会場チケットを取ると良いですね。

あとの2つの会場ですが、秩父宮ラグビー場では神宮球場のライブ映像が中継で流されますから、神宮球場のチケットが取れそうになかったら、こちらでも良いでしょう。

東京体育館敷地内は、ライブなどのアトラクションはないものの、花火観覧としてはベストです。

尚、2016年のチケット販売は、6月5日(日)の10時より開始されています。

上項で紹介している公式サイトを早めにチェックして下さい。

スポンサーリンク

神宮外苑花火大会のアクセス情報

<車でのアクセスの場合>
・首都高速4号新宿線 外苑出口下車

当日、周辺は交通規制があるので、仮に神宮外苑にある各駐車場へ早めに入庫したとしても、規制が解除されるまでは出庫することができなくなる場合があります。

また、終了後は人の動きも多くなりますから、どうしても車で行きたい場合は、最寄り駅周辺も避けて有料駐車場を探した方が良いでしょう。

最寄り駅については、下記の公共交通でのアクセスの場合を参考にして下さい。

<公共交通でのアクセスの場合>

神宮球場 JR総武線、信濃町駅か東京メトロ、外苑前駅を下車
秩父宮ラグビー場 東京メトロ、青山一丁目駅か外苑前駅を下車
神宮軟式野球場 JR総武線、信濃町駅か東京メトロ、青山一丁目駅を下車
東京体育館敷地内 JR総武線、千駄ヶ谷駅か都営地下鉄大江戸線、国立競技場駅を下車

それぞれの観覧会場で、最寄り駅に違いがあります。

人出の多いイベントですから、行きたい会場に近いところを利用した方がスムーズかと思います。

神宮外苑花火大会の見どころ

都心の街中で見ることのできる花火大会ですので、平日開催になった年でも仕事帰りに見に行ける人も少なくないのが、神宮外苑花火大会だと思います。

花火を見るだけなら、割と会場外からでも楽しめるので、そういった人出もまた多くなり賑わいます。

打ち上げ時間が1時間と、どちらかと言えば短時間中に、12000発も打ち上げられるのですから、見応えはかなりあるのではないでしょうか。

チケットを購入する人たちの中には、ゲストのライブも目当てだという場合もありますが、そちらは別に…という場合、見学スポットは結構ありますよ。

あまりにも有名すぎるけど、花火大会の雰囲気も楽しむのであれば明治公園の辺りですね。

本当に人が多いので、押しあったりしないように気を付けましょう。

お酒が飲める年齢ならば、ビールを飲みつつの花火見学なんて最高ですよね。

明治神宮外苑児童遊園内に、森のビアガーデンが限定的にオープンしますから、こちらを利用してみてはどうでしょうか。

ただ予約をしておかなければいけないかもしれません。

8月分の予約は、6月1日から受け付けとなりますので、日程が分かり次第こちらも即予約しましょう。

参考:森のビアガーデン
※WEB予約と電話予約ができます。

さいごに

神宮外苑なら、その周辺で立ち止まって見ることもできる気がしますが、どうやらそう考える人は多く、当日は立ち止まって見られないように誘導されるようです。

でも、事故を避けるためには仕方がないことかと思いますから、立ち止まらないようにしましょう。

場所柄、周辺はレストランやホテルも多くありますから、花火大会に合わせて予約をしてみてはどうでしょうか。

人気の高いところは、早々に予約が入っているそうですが、チャンスはあるかと思いますよ。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る