名古屋まつり2018年の日程と見どころをご紹介!

Photo: 名古屋まつり by atmo1966

Pocket

名古屋まつりは、昭和30年に開催された名古屋商工まつりが大元になった、商業系のお祭りです。

2018年で63回目となることでも分かるように、人気のあるお祭りなわけですが、どんなお祭りなのか、調べてみました。

  • 名古屋まつりとは?
  • 名古屋まつりの日程
  • 名古屋まつりの見どころ
  • アクセス方法や駐車場は?

スポンサーリンク

名古屋まつりとは?

名古屋まつりとは、一言で言ってしまえば名古屋の街を思い切り楽しむお祭り、といったところです。

名古屋の美味しい物も楽しめますし、名古屋を拠点にするアイドルのライブなどもありますし、伝統的な物を観る機会もありと、盛りだくさんのお祭りなんです。

期間中、市内の観光名所のいくつかが無料開放されますから、名古屋へ観光で行く予定があるのなら、お祭りの日にぶつけていくと、お得に楽しめると思いますよ。

名古屋まつりの日程

2018年の名古屋まつりは、10月21日(土)・22日(日)に開催されます。

どのようなイベントがあるかは、まだ正式に発表になっていませんが、公式サイトはありますのでそちらでチェックされると、遊びに行く時に便利です。

名古屋まつり公式サイト:http://www.nagoya-festival.jp/

毎年、まつり行列は必ず行われています。

メインイベントでもありますから、2015年の行列の始まりの時間をご案内しておきますが、2018年分の発表がもうすぐあるはずですから、次にご紹介する分は参考として下さい。

≪2015年まつり行列≫
・一日目 13時40分~14時42分 名古屋駅前-柳橋-広小路伏見
14時50分~15時34分 栄-矢場町
・二日目 11時~13時18分   市役所-桜通大津
11時43分~13時56分 栄-矢場町 ※一部栄のみ

名古屋まつりの見どころ

名古屋まつりは、イベントが盛りだくさんです。

ですので、目当てによって見どころも違ってきます。

大雑把な言い方ですが、武将からアイドルまでイベントがあるんです。

とはいえ、日程でご紹介してますように、メインイベントはまつり行列です。

行列を行うのは、次の通りです。

・山車揃(市指定文化財)
見事な細工や塗りの9台の山車にからくり人形が圧巻。

・神楽揃(市文化財)
名古屋独特の獅子頭を納めた神楽屋形8台の行列です。

・子ども会みこしパレード
市内16区の子供会オリジナルのみこしです。

・姉妹友好都市親善パレード
姉妹友好5都市の代表を乗せたオープンカーパレードです

・フラワーカーパレード
美しい生花で飾った大型フロート車とブラスバンドなど300名ほどで行うパレードです。

・ナナちゃん隊
名古屋駅前にいる大型人形・ナナちゃんが名古屋市立桜台高等学校ファッション文化科の生徒デザインの衣装で生徒と登場。

・スポーツ・文化パレード
スポーツや文化面で活躍した人・団体の皆さんのパレード。

・郷土英傑行列
名古屋出身の三英傑・織田信長、豊臣秀吉、徳川家康と鎧武者

など総勢600名の行列。

三英傑は毎年公募し選ばれた人です。

アクセス方法や駐車場は?

祭りの二日間は、名古屋中心部で交通規制があります。

パレードもあるので、車両通行止めにもなりますから、公共交通機関での来場が良いかと思われます。

会場は、JR名古屋駅から出るとその周辺一帯ですから、尚更に電車などでの来場が良いかもしれませんね。

名古屋外からの来場の場合は、まずJRで名古屋駅に下車します。

あとは、お目当てのイベントの会場へは、私鉄・地下鉄・徒歩となります。

市営地下鉄と市バスを上手に利用すると、かなりお得に移動できるパスなどもあるようですから、チェックしておくと良いですね。

さいごに

織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の三英傑が約600人を従えて行進する郷土英傑行列は必見です!

街中がまつり一色に染まる秋の名古屋を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る