鈴鹿バルーンフェスティバル2018年の日程は?見どころやアクセス情報も

Pocket

三重県鈴鹿市で毎年開催されている鈴鹿バルーンフェスティバルは、熱気球のイベントと競技大会が行われています。

有料ですが、熱気球に搭乗することもできるようで、楽しそうなイベントですよね。

そこで、開催日程や会場、そこまでのアクセス方法と一緒に、見どころなど楽しみ方を紹介します。

お出掛け前に読んでみて下さい。

スポンサーリンク

鈴鹿バルーンフェスティバル2018年の日程

2018年の鈴鹿バルーンフェスティバルは、11月24日(金)・25日(土)・26日(日)で開催されます。

23日(木・祝)には公式練習が行われます。

天候次第ではありますが、公式練習後には係留飛行(搭乗体験)も行われるようですから、祝日でもありますし出掛けてみるのも良いかと思います。

主だったイベントの詳細は、次のようになります。

競技飛行

・場所 鈴鹿川河川緑地
・時間 午前と午後

午後は例年天候が変わりやすいので、観覧は午前がおすすめです。

最終日は、午前だけの飛行となります。

係留飛行(搭乗体験)

・場所 鈴鹿川河川緑地
・時間 午前の競技飛行終了後(10時頃が目安)
・料金 中学生以上2,000円 小学生1,000円 ※未就学児は保護者1名につき2名まで無料

バルーンイリュージョン

・場所 鈴鹿サーキット
・日時 未定 ※開催期間中の夜間
・料金 無料 ※サーキットへの入場は無料ですが、駐車場は有料となる予定です。

熱気球教室

・場所 鈴鹿川河川緑地
・日時 未定
・料金 無料

この他に、飲食や物産のブースも設けられますし、詳細が決まっていないイベントもいくつかあります。

公式サイトで案内がありますから、確認をしてみて下さい。

公式サイト:鈴鹿バルーンフェスティバル

鈴鹿バルーンフェスティバルとは?

鈴鹿バルーンフェスティバルでメインとなるのは競技飛行の大会です。

熱気球競技は、熱気球で行うスカイスポーツとして戦後に広まっていき、今では世界大会も盛んに行われます。

日本で開催される熱気球競技の中に「熱気球ホンダグランプリ」というシリーズ大会があります。

5ヶ所で大会が開催され、ポイント制で点数がつけられます。

累計点数の高かったチームが、その年の優勝チームとなります。

鈴鹿バルーンフェスティバルは、2018年の「熱気球ホンダグランプリ」の最終開催地で、ここで今年の勝者が決定するので、全力で臨んでくるチームも多く、見応えがあるかと思います。

スポンサーリンク

鈴鹿バルーンフェスティバルのアクセス情報

車でのアクセスについて

・東名阪自動車道 鈴鹿ICで下車し約30分で鈴鹿川河川緑地
・東名阪自動車道 亀山ICか亀山PAスマートICで下車し約30分で鈴鹿サーキット
・鈴鹿川河川緑地-県道643号-鈴鹿サーキット道路 約15分

鈴鹿川河川緑地へ車で行く場合の駐車場は、鈴鹿川河川緑地・鈴鹿市河川防災センター駐車場が無料で利用できます。

鈴鹿サーキットは、専用の有料駐車場がありますので、そちらを利用することになります。

料金の目安としては、普通乗用車で一日千円とありますが、念の為鈴鹿バルーンフェスティバルの公式サイトでも確認をしてみて下さい。

公共交通でのアクセスについて

・近鉄鈴鹿線 平田駅で下車-鈴鹿市コミュニティバスC-BUS乗車-鈴鹿高校で下車
・JR関西本線 加佐登駅で下車-鈴鹿市コミュニティバスC-BUS乗車-鈴鹿高校で下車

バスの停留所・鈴鹿高校で下車してからは、徒歩約5分ほどで鈴鹿河川緑地に到着します。

鈴鹿サーキットへの公共交通でのアクセスは次の通りです。

・近鉄名古屋線 白子駅下車-白子駅の西から三重交通路線バス乗車-鈴鹿サーキット下車
・伊勢鉄道線 鈴鹿サーキット稲生駅で下車し徒歩約30分(約1.5㎞)で鈴鹿サーキット

鈴鹿バルーンフェスティバルの見どころ

競技飛行

当日の気候条件により、会場から離陸する競技会場を目指して飛行する競技かが決定します。

中止になることもあるので、その場合は公式サイトのお知らせをチェックすると、状況が案内されていますので便利です。

どちらの方法で競技が行われるにしても、周辺のいろいろな場所から熱気球の飛行を目にすることができるはずです。

ですが、河川緑地から一斉に飛び立つ、あるいは河川緑地を目指し飛行してくる色とりどりの熱気球そのものが見どころです。

その熱気球の姿を目にしたら、熱心に写真を撮るファンも多いのが理解できます。

午前の競技ですと、大体日の出前くらい(6時頃)から準備が行われています。

そこから見るのもまた楽しいですよ。

時間についても、事前にチェックした方が良いですね。

バルーンイリュージョン

普段はバイクなどのレースが行われる鈴鹿サーキットですが、夜間にみる光る熱気球がたくさん見られるます。

このイベントでは、音楽とMCに合わせて熱気球が光輝くようになっていますから、幻想的な雰囲気になるので、夜のデートにもおすすめしたいです。

さいごに

競技飛行は、午前は日の出から3時間くらいまでと、午後は日の入り2時間前までで行われます。

昼間の明るい時にすれば良いのにという意見もありますが、地面が温まっていると風がおきやすく、熱気球のコントロールが効かなくなることがあるのです。

ですが、朝焼け・夕焼けの中で見る色とりどりの熱気球は、なんだか感動する光景なんです。

もちろん、青空の中を飛行する姿も良いのですが。

なんにせよ、無事に飛行できるように、当日は良いお天気に恵まれて欲しいところです。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る