高松冬のまつり2018の開催日と見どころやイルミネーション情報

Photo By: shota mitsuyasu

Pocket

香川県高松市で開催される高松冬のまつりは、イルミネーションがメインとなったお祭りです。

“光と星と愛のメッセージ「しあわせ ありがとう」”をお祭りのメインテーマに、毎年サブテーマに合わせたイルミネーションを見ることができます。

そんな高松冬のまつりについて調べてみましたので紹介します。

  • 開催期間点灯時間は?
  • 場所は?
  • 見どころは?
  • 混雑状況は?
  • アクセス方法は?

スポンサーリンク

開催期間・点灯時間は?

2016年の高松冬まつりは、30回目の節目のお祭りとなります。

どんなお祭りで、いつ頃になるのかは9月現在ではまだ案内されていません。

ですので、2015年のものを参考に紹介します。

・2015年の開催期間 12月19日(土)~12月24日(木)
・2015年の点灯時間 17時~21時 ※12月19と23日は22時まで

初日の19日には、オープニングセレモニーが17時30分から始まり、18時より点灯式でした。

また、最終日には消灯式もありました。

場所は?

高松冬まつりの会場は、毎年高松市立中央公園になっています。

確認はできませんでしたが、例年通りだと2016年も同じかと思います。

また、サンポート高松や高松中央通でも、イルミネーションが見られるという情報がありますが、中央公園をメイン会場としているということでしょう。

見どころは?

高さ31.5mのイルミネーションツリー

祭りのシンボル的な存在となっているのが、イルミネーションで作られた高さ31.5mの巨大ツリーです。

このツリーの下は通り抜けることができて、祭りの人気イルミネーションとなっているそうです。

少し離れたところからでも、分かるくらいの大きさですし、とてもキレイですよ。

正にシンボルです。

みんなで描く お絵かきクリスマス

他の冬祭りやイルミネーションのイベントでなかなか見られないものが、このお絵かきクリスマスです。

これは、紙にサンタクロースやサンタクロースがやって来る街を思い思いに絵に描くというものです。

描いたものは、会場にある巨大スクリーンに映し出されます。

目の前に描いたものが出てくるのって、なんだか嬉しい気分になれますよね。

ここからがすごいんです。その絵に触ることができるんですよ!

例えば、車を描いたとしましょう。

それに触ると、車がスピードをあげて走って行くんです。

どんな仕組みなのか、分かりませんけど、びっくりですよねー。

混雑状況は?

期間が短めのイベントですので、会場は混み合うかと思います。

もし昨年と同じように、クリスマスイブかクリスマスまで開催となれば、2016年は23日~25日が3連休となるので混雑は避けられないでしょう。

前にも書いてますが、2016年は30回目の節目のお祭りですから、イベントなども盛り上がるのではないかと思います。

アクセス方法は?

アクセス方法は次の通りです。

車の場合

・高松道 高松西IC下車-国道11号経由で約10分

車での来場の場合、駐車場が気になりますよね。

会場の高松市立中央公園には、地下に有料駐車場があります。

22時までで321台駐車できます。

ただ、お祭り中混雑はするかと思います。

周辺の駐車場を調べておくと良いでしょう。

いつもNAVI:周辺駐車場を調べられるサイトです。参考までに

公共交通

・JR高松駅下車徒歩約15分
・高松琴平電鉄 瓦町下車徒歩約11分

さいごに

高松冬のまつりの紹介、いかがでしたでしょうか。

個人的に気になるのは、やはりお絵かきクリスマスです。

みなさん、色んなサンタさんを描かれるでしょうし、クリスマスの街らしく飾りもあるでしょう。

それが動き出したりするのですから、印象に残る楽しいクリスマスになるのではないでしょうか。

大人でも参加してみたいなと思いました。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る