神田明神の初詣2018年予想される混雑のピーク・アクセス情報

Pocket

神田明神は、東京千代田区にあり地域に愛される神社です。

特に縁結びの後利益があると知られていますが、いわゆる恋愛に関する縁だけではなく、仕事や人のつながりという意味でも縁をもたらしてくれます。

そんな神田明神へ初詣に…となった時の気になることをまとめてみました。

  • 初詣で混雑する日時間帯
  • おすすめの参拝時間は?
  • 神田明神の特徴と見どころは?
  • アクセス方法と駐車場情報

スポンサーリンク

初詣で混雑する日・時間帯

神田明神の初詣で、一番賑わいを見せるのはやはり元旦です。

0時に開門し、歳旦祭という行事があります。

また、樽酒のふるまいや餅つきが行われる場合もあるので、それに合わせて参拝に訪れる人が多いです。

また、参道の両側にたくさんの出店が出ることでも有名で、それを目当てに訪れる参拝客がありますから、三が日の9時・10時くらいから21時・22時くらいまではかなり混み合います。

2日以降は24時間開門しているので、それぞれの都合に合った時間で初詣に訪れることができますが、例年三が日で30万人は参拝します。

おすすめの参拝時間は?

三が日で混雑を避けて初詣をしたいということであれば、出店が営業している時間帯はまず外しましょう。

元旦も、盛り上がりは3時くらいでひと段落しますので、それ以降が狙い目です。

早朝5時から6時くらいは、三が日中ではおすすめです。

神田明神の特徴と見どころは?

特徴

正式名称は神田神社ですが、昔は神田明神を名乗っていたこともあり、「明神様」と親しまれてきた名残で、現在も神田明神と呼ばれています。

創建は730年と長い歴史があります。

祭神には三神様が祀られています。

・一之宮 大己貴命(おおなむちのみこと) 縁結びの神様でだいこく様です。

・二之宮 少彦名命(すくなひこのみこと) 商売繁盛の神様でえびす様です。

・三之宮 平将門命(たいらのまさかどのみこと) 除災厄除の神様です。

見どころ

神田明神の見どころとして紹介したいのはお守りです。

その理由には納得がいきますが、なかなか独特で欲しくなってしまいます。

そんなお守りをいくつか紹介します。

・こち亀コラボお守りと絵馬
惜しまれながらも連載が終了した漫画、こちら葛飾区亀有公園前派出所のお守りと主人公が焼印された首掛けタイプの2種類があります。

絵馬には、主要登場人物がデザインされたものです。

どちらも数に限りがあるとのことで、初詣の時には販売が終了しているかもしれませんが、こういう物をあるということで紹介します。

・勝守
かの徳川家康が、関ヶ原の戦いに臨むとなったときに、神田明神の当時の神職に戦勝祈祷を願ったそうです。

神職は毎日祈願を行い結果、見事に勝利し江戸開府となりました。

以後、神田明神は江戸幕府から、「江戸総鎮守」と称えられるようになったのです。

そんな由緒のある勝守は、勝負事や商談成立、学業成就のお守りとして授与する(買うこと)そうです。

時期的に、初詣で合格祈願をする人もいるでしょうから、勝守も買っておきたいですね。

・おねがい兎守
因幡の白兎という神話を知っている人が多いかと思います。

このお話の中にだいこく様が登場していて、白兎の願いを聞き届けてくれました。

そんなだいこく様と兎の縁にあやかり、兎の形のお守りについている短冊に願い事を書くと、それが成就するというものです。

木製の兎が、なんとも可愛らしのです。

・IT情報安全守護
神田明神の氏子区域には、秋葉原や日本橋、大手町などがあります。

この地区は、IT関連機器を必需品として仕事をする人たちがたくさんいます。

商売繁盛の祈願ができる神田明神ですから、情報漏えい・ウイルスなどのトラブルを避けて、IT関連のお仕事がうまくいくようにと願うお守りです。

パソコンのパーツを連想させるようなお守りになっていて、個人的な感想ですが、このお守りはぜひ欲しいと思わされました。

アクセス方法と駐車場情報

まず駐車場についてです。

神田明神には、参拝者用の駐車場が用意されていますが、停められる台数は多くなく、代わりに徒歩5分圏内の有料駐車場が神田明神公式サイトでも案内されています。

・秋葉原UDXパーキング 800台収容
・秋葉原ダイビル駐車場 112台収容

とはいえ、電気店街の秋葉原ですから、1月2日には初売りを行う店舗も多く、駐車場も混みあう可能性はあるかと思います。

ですので、車で初詣に向かうのであれば、もう少し離れた駅周辺の駐車場を利用し、JRなどで移動した方がスムーズかもしれません。

・JR中央線、総武線 御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩約5分
・JR京浜東北線、山手線 秋葉原駅(電気街口)より徒歩約7分
・東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩約5分
・東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩約5分
・東京メトロ銀座線 末広町駅より徒歩約5分
・東京メトロ日比谷線 秋葉原駅より徒歩約7分

さいごに

「ラブライブ!

」というアニメがあり、今でも大変人気なのですが、その舞台として度々神田明神が登場していたこともあって、ファンの間では聖地となっています。

2015年の神田祭では、ラブライブ!

とのコラボまでありました。

2016年の初詣時には、ファンによるラブライブ!

関連のイラストが描かれた絵馬が多く見られました。

イラスト?

と思われるかもしれませんが、レベルの高い物が多くてこれも見どころと言えます。

2018年の初詣でも、見られると良いなと思います。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る