2018年は成田山新勝寺で初詣!混雑時間、アクセスと駐車場情報

Pocket

節分の時、芸能人や力士がやって来て、豆まきを行うお寺として有名な成田山新勝寺。

こちらでの初詣も毎年賑やかで、全国第二位の人出になるほどです。

そこで、成田山新勝寺での初詣を考えられている人に向け、気になる点などをまとめてみました。

  • 初詣で混雑する日時間帯
  • おすすめの参拝時間は?
  • 成田山新勝寺の特徴と見どころは?
  • アクセス方法と駐車場情報

スポンサーリンク

初詣で混雑する日・時間帯

成田山新勝寺の初詣で、最も混雑する日は元旦です。

新春御護摩祈願という行事が0時より始まり、19時まで続きます。

当日の祈願受付もしているため、ほぼ一日中混雑します。

2016年の初詣では、下記のように特別申込所が設置され受け付けが行われましたので、参考までに紹介します。

2016年新春御護摩祈願 特別申込所

表参道申込所
・場所 千葉信用金庫成田支店駐車場
・期間 1月1日~1月3日
・時間 1日9時~17時、2・3日9時~16時

JR成田駅前案内所・申込所
・場所 JR成田駅東口駅前交番隣
・期間 12月31日~1月28日
・時間 8時30分~15時

特に三が日までに初詣の参拝をし、御護摩祈願を受けたいと思う人が多いようですから、三日間の受付時間中は境内が混雑する時間帯だと言えます。

おすすめの参拝時間は?

三が日中に初詣に行きたいということならば、新春御護摩祈願の申し込み受け付けが始まる前です。

そして、新春御護摩祈願が行われていない時間帯です。

元旦は、0時から始まって19時までと紹介しましたが、2016年の実施時間を見ると0時以降ですと、1時30分・3時・4時30分・6時・8時となり、それ以降は9時~19時まで1時間ごとに実施されました。

元旦の初詣は、どこも0時から3時くらいまでは人出が多いものですから、成田山新勝寺の初詣でも3時以降8時までの間なら、比較的混雑は避けられるようです。

とはいえ、三が日で300万人を超えるほどの人出ですから、混雑は避けられるといっても“身動きできない”ほどではないくらいと思った方が良いですね。

2日以降の新春御護摩祈願の実施時間は、6時からが一番早いですので、これより前の時間で参拝に向かえばスムーズです。

成田山新勝寺の特徴と見どころは?

特徴

成田山新勝寺は、真言宗智山派の大本山の1つで、御本尊は不動明王です。

平安中期にあった平将門の乱の鎮静の勅命を受けた寛朝僧正が、京から船で成田へと辿り着き、その役目を果たしたことがきっかけで、成田山新勝寺が開山されます。

実は戦国期には荒廃し、江戸時代までは寂れた寺となってしまいます。

ですが、江戸で数回の不動明王出開帳が行われ、今でいうアイドル的存在だった歌舞伎役者の市川團十郎が、成田不動明王に帰依し「成田屋」の屋号を名乗り、不動明王が登場する芝居を打ちました。

これにより、成田不動の信仰が江戸で広まり、成田山新勝寺への参詣が盛んとなり、現在も初詣で全国二位になるほどの賑わいを見せています。

見どころ

成田山新勝寺の境内や周辺には、見どころがいろいろとあるのですが、初詣だけでも300万人もの人が押し寄せるわけですから、三重塔や成田山公園などを楽しむのは、なかなか難しいかもしれません。

そこで紹介したいのは、最寄り駅から成田山新勝寺までの表参道です。

たくさんのお土産物屋や食べ物屋があるんですよ。

個人的におすすめなのは仲町周辺で、昔のままの姿をとどめている感じなのです。

隣同士隙間のない感じで軒を連ねる建物は、木造の物が目につきます。

道幅が狭いので、向い合せのお店も距離が近い感じがします。

情緒のある旅館や、昔懐かしい竹製のざるを売るお店などがあり、覗きながら歩いてしまうかもしれませんね。

駅のそばは、洋食系の食べ物屋が多いのですが、参道にはうなぎ屋さんが多く見られます。

これは、近くの利根川や印旛沼で天然のうなぎがよく獲れていて、参詣でやってきた人への食事として提供され、名物となっていったようです。

また、羊羹や団子も名物の甘味で、こちらの店も参道で多く見られます。

初詣の帰りに、ゆっくりと参道を楽しんで欲しいなと思います。

アクセス方法と駐車場情報

まずは駐車場についてですが、成田山新勝寺近くの有料駐車場はありますが、1月中は交通規制を行う期間・時間帯があり、利用できなくなる駐車場もあります。

駅周辺も渋滞する可能性があります。

車で行きたい場合は、まず三が日は避けた方が良いでしょう。

5日以降は人出も減ってきますし、規制も広い範囲ではなくなってきますから、1月中に参拝する予定を組むのも良いかもしれません。

また、行く前に駐車場をいくつかチェックして、利用できるか問い合わせておくと、余裕をもっていくことができておすすめです。

・いつもNAVI 成田山新勝寺周辺駐車場
http://www.its-mo.com/c/%E6%88%90%E7%94%B0%E5%B1%B1/DIDX_DKE%2C1405176/parking/

公共交通利用の場合は次の通りです。

・JR成田駅で下車し徒歩約10分
・京成電鉄 京成成田駅で下車し徒歩約10分

JR・京成電鉄とも、大晦日は終夜運転なるそうです。

運行時間などの情報については、それぞれのHPなどで確認すると良いでしょう。

さいごに

個人的な話なのですが、子供の頃に千葉で過ごした時期があり、初詣以外で成田山へ行く機会がありましたが、成田空港がある近代的な街な印象だったのが、参道など周辺は一転別世界に来てしまったかのような感覚になったのを覚えています。

機会があれば、大人になった今こそ行ってみたいと思っています。

皆さんも初詣で出掛けてみて、荘厳な成田山新勝寺と独特な雰囲気の参道を楽しんで下さい。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る