年末の大掃除代行はどこに依頼すればいい?料金は?

Pocket

大人になればなるほど1年が経つのが早くなり、ついこの間灼熱の夏かと思っていたら、もうまもなくすると年末と、あっという間に1年が終わります。

師走と言われるほど1年が1番忙しい季節だからこそ、大掃除代行に頼んで、さすがプロの手だと、家じゅう綺麗になって年を越しましょう。

大人になればなるほど1年が経つのが早くなり、ついこの間灼熱の夏かと思っていたら、もうまもなくすると年末ですね。

なんでもヨーロッパでは、大掃除は季節の穏やかな春先に行うのが習慣のようですが、やはり日本人は小さい頃から馴染んでいる年末大掃除をしないと気持ち悪くて新年を迎えた気にならないという人も多いはずです。

しかし、年末は忘年会に、年賀状作りに、お正月の準備とやること満載!

ここは、お金をかけてでも、確実に自分でやるよりピカピカになり、時間の節約にもなる大掃除代行の出番と言うわけですね。

スポンサーリンク

どこに依頼すればいい?

さて、大掃除代行はどこに依頼すればよいのでしょうか。

掃除代行と言えば、老舗のダスキンを始め、今では数多くの掃除代行業者があります。

インターネット検索で、「大掃除代行 依頼」などと検索かければ、比較サイトもあるので、それを参考にしてみると良いでしょう。

更には、「大掃除代行 依頼 〇〇」と、〇〇に自分のお住まいの地域を入れると、地場で行っている地元の会社などもヒットします。

地元の会社の場合、全国区の業者に比べて、日程に融通が利きやすいところが多い、比較的リーズナブルなところが多い傾向があるので、おすすめです。

料金はいくらぐらい?

料金体系は、多くの業者が時間制です。

つまり時給ですね。

時給は、だいたい1000~1500円程度。

普通にファストフードやコンビニでのバイト代と大差ないくらいですから、価格破壊が起きていると言っても良いくらい安くなっています。

これに交通費が普通請求され、その額も業者によるまちまちなので、それも合わせたトータルの金額で見た方が良いですよ。

探す時のポイント・注意点は?

前述したように。

価格破壊が起きていると言っても良いほどの掃除代行なので、安かろう悪かろうではありませんが、なかには、満足するようなクオリティではない掃除しかしない(できない)ような業者のあるようです。

そこで、大掃除代行業者を決めるときの注意点としては。

1つ目が「しっかりと契約前に疑問点は問い合わせること」です。

メールでの問い合わせをしているところも多いですが、レスポンスが遅いところなどは要注意です。

もう一つが、「ネットでの口コミ情報を頼る」と言う点です。

特に、使えるのがツイッターの検索機能。

その企業を検索すれば。

多くの口コミ情報が出てきます。

そこに悪評が多い場合や、べた褒めしているツイートが同じアカウントばかりだったりするところは、危険なので使わない方がよいでしょうね。

業者選定以外の注意点としては、事前にどこを掃除してもらうのかしっかりと決めておくということです。

例えば、バスルームやトイレ、キッチン回りなど自分ではなかなかピカピカにするのは大変なところだけとか、ちょっと時間、お金がかかってもリビングや寝室など家じゅうお願いしたいのか、もしくはエアコンの掃除もやってもらいたいなど、大掃除プランを決めておきましょう。

事前にしっかり決めておかないと、やはり業者も商売ですから、いざ始めてから、「あそこも、あそこも必要ですよ」とセールストークをしてくる場合も多いです。

その場で言われてしまうと、「お願いした方が」なんて思ってしまって、予想以上の大出費になりかねませんから気をつけましょうね。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

やはり掃除のプロだけあって、清掃代行に頼むと、一目で分かるほどピカピカになります。

家がキレイになると、気持ちもリフレッシュしますし、新年から新たに頑張ろう!

なんて気持ちになるものです。

一度頼むとクセになる人が多いほど、気持ち良いと言われている大掃除代行デビューをしてみませんか。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る