引っ越し費用の相場は平均でいくらくらい?概算の出し方など

Pocket

就職・転勤・進学などで引っ越しとなると、近場なら友人・知人に頼むという手もありますが、大事な物が壊れてしまってその後関係がギクシャク…なんてこともあります。

そういうことも考えると、きちんと引っ越し業者に頼んだ方が良いのかもしれませんね。

そこで、引っ越し業者を利用する場合の気になることを3点調べてみました。

スポンサーリンク

相場はいくらくらい?

引っ越し業者もいろいろとありますから、できるだけ費用を抑えて利用したいものですが、そもそも相場はどれくらいなのかが分からず、利用をためらう人も少なくないのでは?

比べて決めるというならば、いくつかの引っ越し業者に見積もりをお願いして、一番安いところに決めるのも1つの方法です。

ただこれですと、大概が訪問によるものなので、業者ごとに時間や日にちを決めて行うのも、なかなかに面倒なことです。

そこでおすすめしたいのが、見積もり比較サイトです。

単身か家族何人か、どれくらいの距離の引っ越しであるかを選ぶだけですし、現在の住まいの地域で利用できる引っ越し業者も分かります。

その上で、気になる業者を数件に絞り、それぞれに訪問見積もりをしてもらってはどうでしょうか。

ネット見積もりサイトでは、訪問見積もりの予約もできるので便利ですよ。

時期によって違うの?

引っ越し業者は、時期で費用の違いが出てきます。

いわゆる繁忙期は3、4月で、これ以外の時期と比べてみると、単身・荷物多めの平均値で約2万円の差が出るデーターもあります。

ですので、ある程度引っ越しが確定している場合は、早めの見積もりをしてみると良いかと思います。

また、業者によっては、早割やネット割などが用意されているので、どうしても費用が高くなる時期の引っ越しでも、費用を抑えることも可能かと思います。

そこを調べて業者を選ぶようにするといいですね。

費用の内訳は?どうやって金額が決まるの?

引越し費用を決めるのは、次の3つの項目から成り立ってます。

・基礎運賃 移動距離や時間などで算出されるもの
・実費 人件費、交通費、梱包資材などからなるもの
・オプション 不要品の処理やピアノなど移動に特殊な技術を必要とするもの

費用を抑えたい場合、まずやっておきたいことは、持って行く荷物の量をいかにして減らすかということです。

荷物が多ければ、当然ながら使用されるトラックも大きくなります。

これは、基礎運賃の中に含まれてきます。

また、梱包したり運び出す人員が多くなれば、それだけ人件費もかかりますし梱包材費もかかります。

この辺りは、見積もりを出してもらった上で、交渉の余地があるのはないかと思いますので、相談という形で業者に聞いてみると良いでしょう。

可能であれば、3、4月の繁忙期を避けるのも費用を抑える一つの手段です。

例えば、家具などの重く大きい物は繁忙期外で業者にお願いし、身の回り品は自分で運ぶことを考えてみてはどうでしょう。

ただし、引っ越し先が賃貸住宅であれば、繁忙期外で早めに荷物を運び入れたくても、家賃が発生する可能性があるので、その辺りのことも考えましょう。

さいごに

進学のための引っ越しの場合、それまで使っていた家具は実家に残し、中古を買うと考える人も少なくありません。

確かに、引っ越し費用を抑えるにはそれもアリかもしれませんが、かえって費用がかかってしまったなんてこともあるようです。

また、不要品を専門の業者に頼んでみたけれど、引越し業者のオプションを利用した方が良かったというパターンもあるようです。

繁忙期には、どこもいつもより高くなるものですから、この時期に引っ越しがある場合は要注意です。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る