子供の雪遊びに付き合う大人の服装は?服装以外で必要なもの

Pocket

冬のレジャーと言えば、スキー場などでウィンタースポーツを楽しむ人もいるかと思います。

でも、まだスキーやスノーボードができないような子供さんがいるとなれば、一緒に雪遊びをすることになりますよね。

雪遊びをするだけなら、わざわざスキーウェアを買わずにジーンズにフリース…でも良いのでしょうか。

そんな疑問にお答えします。

スポンサーリンク

雪遊びの時に着る服装の注意点

子供の雪遊びに付き合う程度…とはいえ、大人も雪の中にいるわけですから、防水性と防寒性のある服装にしないと風邪をひいてしまいます。

特に下の方は、タイツを穿いてジーンズやジャージを着たとしても、水弾きの良い生地でないと雪が溶けて濡れた状態になります。

また、結構汗をかきますから、できれば通気性が良く速乾性のある下着を身につけた方が良いかと思います。

なかなか難しい条件かと思いますので、次の項目では雪国に住む人の冬場に子供と遊ぶ時に用意している服などを紹介しましょう。

どんな服装がいいの?ブーツやグローブも必要?

では、具体的に下着から始めましょう。

下着は、今や冬の肌着として多くの人が着用している、ヒートテックの物でも良いのですが、汗をかきやすい人はヒートテック物だとかえって冷えてしまうかもしれません。

そこで、もう捨てても良いようなバスタオルがあったら、3等分にたたんで下さい。

その3分の1のところで、頭が通るくらいの切れ込みを入れて下さい。

3分の2の方を背中にして被り、その上に長袖の防寒性のあるシャツなどを着て下さい。

これは、今でも雪国の子供たちが、スキー授業などでの汗対策に着用する下着です。

実はそういう商品もあるようですが、わざわざ買わなくてもとりあえずの汗対策として良いかと思います。

下の方は、防寒性のあるスパッツにタイツを重ね履きすると良いでしょう。

服ですが、上はハイネックの保温性のあるシャツにトレーナーかフリースで。

下は裏起毛のパンツかスウェットが動きやすいでしょう。

そして雪対策のウエアですが、これはある程度の防寒・防水性のある物にした方が良いのですが、子供さんと一緒に遊ぶとなれば、スキーウエアですと動きにくいかもしれませんので、ウィンドブレーカーの上下がおすすめです。

ウィンドブレーカーは、いわゆるホームセンターの作業着売り場などで購入することができます。

金額も、ブランド物であっても、1万円以内でありますよ。

寒い時のちょっとした防寒着にしてもおかしくないので、普段使いすれば無駄な出費でもないのでは。

ブーツですが、街で履くような物は、防水スプレーをしても染みやすいですから、防寒長靴がおすすめです。

レインブーツとは違う物なので注意が必要です。

グローブは、薄手の義務手袋に軍手を重ねれば代用できます。

100円ショップの物で良いですよ。

服装以外であったらいいもの、必要なものはある?

防寒としておすすめなのが、ネックウォーマーです。

フリース生地で、サイズ調整の紐付きのものですと、口が隠れるくらいまで伸ばして紐で窄められますから、唇の乾燥を防ぐのに良いかと思います。

もう1つ同じタイプのネックウォーマーを用意すれば、イヤーマフや帽子として使えて良いですよ。

色や柄も豊富ですので、マフラー代わりに普段使いできるかと思います。

さいごに

子供の雪遊びに付き合うための服装には、防寒・防水・即乾・通気が揃った物が良いわけですが、そのための物を揃えるには、少し触れましたようにホームセンターも良いですし、建築や工事など外で働く人のための物が揃うワークショップが狙いめです。

動きやすく、状況に対応しているだけではなく、女性向けのおしゃれでかわいい物もあり、かつ値段も手頃です。

お店に行く前に、HPで確認してみると良いかと思います。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る