バレンタインデー メッセージのポイント・注意点と文例集

Pocket

2月の最大イベントと言えばずばり「バレンタインデー」でしょう!いろいろな相手にチョコレートやその他のお菓子を渡す女子たちは大変です。

でも、いかにも「義理チョコです」って感じで作業的に配るのも、ちょっとさびしいかな…。

というわけで、チョコレートに添えるメッセージについて考えてみます。

スポンサーリンク

バレンタイン メッセージのポイント・注意点

「本命チョコ」「義理チョコ」「友チョコ」「自分へのプレゼント」…などなど、多様な変革を遂げるバレンタインデー。

けれど、添えるメッセージは日頃の感謝を伝えるものであるという事実は、どのケースでも同じでしょう。

もしメッセージカードを添えるなら、文面にも「このメッセージは、これらのカテゴリーのいずれに入るか」がはっきり分かるようにしないと、変な誤解を招いてしまいかねません…。

それに、「義理」程度なら、カードにあまり凝るのも考えものです。

これもまた、誤解の種になりそうですからね。

とにかく、自分がもらったこのチョコレートとカードがどういう意味合いであるかが、相手にちゃんと分かるメッセージ選びをしましょう。

目上の方に贈る場合は、特に気を遣い、マナーを失しない言葉を。

とりあえず、カードにびっしり文字を書くのはあまり感心しません。

細かい字でずらずらと書き込まれた文字は読みづらいですし、印象にも残りづらいです。

「結局何を言いたかったの?」と思われてしまいます。

また、PCでまとめて印刷するのもどうかと思います。

このカードは大量生産されたんだなと相手に分かってしまいますし、無味乾燥なフォントの羅列からは、相手への感謝は伝わりません。

どうせメッセージカードを添えるのであれば、ぜひ手書きにしましょう。

相手によっては、適度にカードをデコるのもいいかもしれません。

「字は汚いからなあ」なんて思わないでください。

「丁寧に」「心を込めて」書くだけでいいのです。

逆にどんなに字が上手でも雑に書かれたものは、相手に適当さを見抜かれてしまいますし、感謝の気持ちを現すどころか相手を不快にさせて逆効果です。

とにかく大切なのは感謝と親愛の気持ちです。

バレンタイン メッセージカードの文例

「でも、文才なんてないし、どんな文章を書いたらいいか分からないよ…」という方のため、以下にいろいろなケースの文例をまとめます。

彼氏に渡す場合の文例

(相手)へ

いつもそばにいてくれてありがとう。
(相手)と出会えて本当に良かった。
これからもずっと一緒にいようね。

(自分)より

片思いの相手に渡す場合の文例

(相手)へ

突然渡してごめんね。
実はずっと好きだったんだ。
このチョコレートが迷惑じゃなければ、付き合ってもらえないかな?

(自分)より

夫に渡す場合の文例

(相手)へ

いつもお仕事お疲れ様。とても感謝しています。
これからも、ふたりで力を合わせて頑張って行こうね。
あなたはわたしにとって最高のパートナーです。

(自分)より

同僚に渡す場合の文面

(相手)へ

いつも何かとフォローしてくれてありがとう。
頼りになる(相手)だから、いつも甘えちゃうんだよね。
これからも何かと迷惑かけると思うけどよろしく。
もちろん、困ったときは助けになるよ!!

(自分)より

上司に渡す場合の文例

(相手)へ(※)

いつもお世話になっております。
(相手)の下では学ぶことが多く、充実した毎日です。
まだまだ至らないところも多々ありますが、これからもどうぞよろしくご指導ください。

※相手の名前に役職をつけるのを忘れないこと

お気づきになった方もいらっしゃるかと思いますが、相手への想いの深さや距離の近さと、文面の長さはほぼ反比例しています。

普段から距離が近く、相手に素直に「好き」と言える関係であれば、そんなにたくさんの言葉は必要ありません。

逆に、仕事以外に特別な関係のない上司など目上の方宛には、当然ながら長い文章が必要になります。

「いつもお世話になってます」だけで終わってしまってはあまりに礼儀がなっていませんよね。

さいごに

バレンタインデーに贈るメッセージカードの文面についてざっくりと一例をご紹介しました。

これをまるまる使うのではなく、できれば少しアレンジを加えてください。

相手との関係の中で生まれたエピソードなどを盛り込むのもいいですね。

良いバレンタインデーになりますように。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る