信玄公祭り2018年の日程は?見どころやアクセス情報も

Photo: 信玄公祭り by kazuhiro715

Pocket

山梨県甲府市で毎年開催される信玄公祭りは、市民のみならず県民も参加しての戦国時代絵巻さながらの行列を中心としたお祭りです。

その規模は、世界が公認するほどのもので、川中島へ向けて進む様を元にされた行列は、時代物ファンはもちろん、そうでない人でも迫力に圧倒されるでしょう。

では、信玄公祭りの見どころなどを紹介します。

スポンサーリンク

信玄公祭り2018年の日程

2018年の信玄公祭りは、4月7日(金)から9日(日)までとなっています。

主だった催し物も、予定のスケジュールが立っています。

人気のところをいくつか紹介しますが、他の催し物の詳細については、公式サイトへのリンクを貼りますので、確認してみて下さい。

湖衣姫コンテスト

甲府駅北口よっちゃばれ広場にて、2018年の湖衣姫が決定します。

7日17時から19時です。

賑わい城下町

舞鶴城公園・遊亀橋前通りで、8日は10時から20時まで、9日は10時から16時までで行われます。

県産品展示即売や飲食コーナーがあります。

信玄グルメ横丁

中心商店街(かすがもーる・パラカ駐車場)にて、8日は10時から20時まで、9日は10時から16時までで、山梨のグルメや地酒・ワインが楽しめます。

風・林・火・山総踊り

8日城東通りにて、風林火山演舞団千人が舞い踊ります。

時間は16時15分から17時30分です。

・その他の催し物詳細は下記にて。

参考:信玄公祭り公式サイト-スケジュール

信玄公祭りとは?

風林火山の旗印のもとに、武田信玄を大将とした二十四将が率いる軍は、川中島の合戦へと出陣する…そんな様子を再現する、戦国時代絵巻の行列をメインイベントとするお祭りが、信玄公祭りです。

2018年で第46回となる信玄公祭りの起源はというと、花見の季節に合わせて山梨県観光協会・甲府市観光協会・甲府市商工会議所が、1947年から共同開催していた桜祭りだと言います。

この桜祭りは、花見の季節に合わせて地元商店などでの売り出しや、武田神社の例祭に桜祭りの最終日を合わせて、神輿渡御の後に地元の人々甲冑姿の騎馬行列を行っていました。

やがて交通インフラの整備が進み、山梨県は観光を主産業とできる体制が整いつつありました。

そんな中、郷土愛の象徴としてあった武田信玄は、山梨県の観光としてもアピールできるものであるとされ、1966年に第一回甲府信玄公祭りが開催されました。

第一回の時は、山梨県各地の伝統的な行事を中心としたものでしたが、1969年の大河ドラマにより山梨県は注目を浴びるようになり、この翌年には信玄公祭りと名称を変更、現在では世界が認める規模のお祭りとして続いています。

スポンサーリンク

信玄公祭りのアクセス情報

JR甲府駅

祭り期間中、甲府駅周辺及び舞鶴城公園周辺では、交通規制があります。

2016年の情報ですが、下記の通り無料駐車場が用意されましたので、車で会場へ行く場合の参考情報として下さい。

・臨時無料駐車場(2016年)

相川小・北東中・JA山梨厚生連・旧穴切小・新紺屋小の5か所 9時30分~21時まで
※JA山梨厚生連は13時~21時までです。

最寄り駅が、JR甲府駅でここも会場の1つとなっていますから、JRを利用して会場へ行く方が便利かもしれませんね。

信玄公祭りの見どころ

信玄公祭りでの一番の見どころは、川中島の合戦への出陣を再現したものです。

Photo By: blue2342_2nd

鎧武者などが隊列を組み練り歩くわけですが、この戦国絵巻行列に参加する鎧武者の人数がギネス記録として認定され、文字通り世界が認定した規模のお祭りとなっています。

8日に行われるこのイベントの一連の流れを場所と時間で紹介します。

戦勝祈願式

・武田神社 13時30分~13時50分
・関係者が参列しての成功祈願式です。

陣屋の開設

・市内中心部 13時30分~14時30分
・軍団の拠点が開設されます。

甲州軍団集結

・陣屋~舞鶴城公園自由広場 15時15分~16時25分
・各陣屋から市内各所に仮集結し、隊列を整えて本集結。

街中が鎧武者で埋め尽くされる圧巻の光景です。

騎馬隊行進

・平和通り 16時45分~17時10分
・甲州軍団出陣前に、騎馬行列による行進が行われ、見る方も気持ちが高まります。

甲州軍団出陣式典

・舞鶴城公園自由広場特設ステージ 16時30分~17時
・巫女の舞、信玄公復活、兜着装の儀、武田家の出陣式「三献の儀」、出陣の下知などが行われます。

甲州軍団出陣

・甲府駅前-平和通り-城東通り-舞鶴城公園 17時~18時40分
・武田時代行列、武田24将、信玄公本陣の出陣です。

帰陣式

・舞鶴城公園自由広場特設ステージ 18時45分~19時
・鎮魂の儀、勝ち鬨の儀、祝杯などが執り行われます。

さいごに

毎年、主役である武田信玄は有名人が務めるのですが、2018年は山梨県出身の落語家・三遊亭小遊三さんです。

また、二十四将の一人である山本勘助として、落語家・林家三平さんが。

さらに特別ゲストで落語家・林家木久扇さんも登場します。

長寿番組の1つとして知られる、笑点のレギュラー出演者が三名も揃うわけで、ちょっと面白いやりとりも見せていただけるのか、なんて期待もありますね。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る