宇治川花火大会2018年の日程は?穴場スポットも紹介!

Photo: 2013-08-09 20-03-24 by takamatsu minori

Pocket

京都府宇治市で開催されてきた宇治川花火大会は、京都らしいテーマの打ち上げ花火が人気の花火大会です。

ここ数年は、天候や安全面への配慮によりやむなく中止されていますが、2018年は再開に向け検討されています。

そこで応援の意味も込め、今までに行われてきた宇治川花火大会の見どころなどを紹介します。

ぜひとも再開して欲しいですね!

スポンサーリンク

宇治川花火大会2018年の日程

2018年の宇治川花火大会は、場所・日程ともに未定となっています。

2016年は開催予定だったものの、花火自体は中止となり「宇治川ナイトフェスティバル」として開催されました。

お化けの仮装や和装での参加で、宇治百鬼夜行などのプログラムがあったそうです。

ですが、やはり打ち上げ花火もという声は多く、2018年には規模縮小・打ち上げ場所の変更なども含めて、検討されているところです。

8月開催を1つの目標としているそうなので、決定次第公式サイトで発表となると思います。

宇治川花火大会公式サイト

宇治川花火大会とは?

京都宇治といえば、源氏物語の結末の地なのですが、宇治川花火大会はその源氏物語を1つのテーマに、「源氏ろまん」を打ち上げ花火で描く大会です。

スターマイン空中ナイアガラなど、色鮮やかで絢爛豪華な様は、正に源氏物語を連想させます。

花火での時代絵巻、と言ったところでしょうか。

近年、天候悪化による会場への影響や、お祭り時の事故が近場で開催された別のお祭りであったため、安全確保の面などからやむなく中止された回があります。

それでも、「宇治川ナイトフェスティバル」という形で、お祭り自体は続けられてきました。

2018年は場所や規模の面も見直し、例年開催されていた8月を目標に再開の検討が続けられています。

大変人気のある花火大会だけに、なんとか宇治川花火大会を開催して欲しいと思っている人も多いでしょう。

「宇治川ナイトフェスティバル」としてでも開催されれば、2018年で55回目となります。

スポンサーリンク

宇治川花火大会のアクセス情報

アクセスについては、今までの会場であればということで紹介しますが、まずは車での来場は無理かと思います。

駐車場が用意されていないですし、花火大会のためにお交通規制もあるからです。

う回路となる道路でも、渋滞が発生して花火大会が見れなかったり、帰りも何時間もかかってしまう恐れがあります。

どうしても車で…という場合は、これから紹介する公共交通の最寄り駅の沿線上で、離れた駅周辺の駐車場を利用することをおすすめします。

公共交通でのアクセスについて

・JR奈良線 宇治駅下車
・京阪電鉄宇治線 京阪宇治駅下車

今までの花火大会ですと、観覧会場が3ヶ所ありましたので、それぞれに近い最寄り駅として2つあります。

また、宇治川ナイトフェスティバルなどが開催されることとなれば、2016年の情報ですと最寄り駅は上記で同じです。

いずれにしても、上項で紹介している宇治川花火大会の公式サイトをチェックされることをおすすめします。

宇治川花火大会の見どころ

源氏物語をイメージし、「源氏ろまん」をテーマとして開催される宇治川花火大会は、約70種類5000発が打ち上げられます。

例えば紫式部から連想したイメージカラーとして、紫を基調としたスターマインが上げられたり、源氏の世界観を表すような色彩豊かで華やかな花火を楽しめます。

そんな雅な雰囲気の宇治川花火大会には、10万人以上の来場者があります。

有料席も設けられるので、ゆったりと楽しむのであればそちらをおすすめします。

でも、もう少し人込みを避けてというのであれば、2ヶ所ほど観覧の穴場スポットを紹介しましょう。

まず子供さん連れで、トイレや飽きることなどが心配な人には、アル・プラザ宇治東店です。

こちらでは、屋上を花火大会のために開放してきてますから、再開されればきっと同じようにしてくれるでしょう。

念の為、確認はした方が良いと思います。

最寄り駅は、京阪電鉄の三室戸駅です。

店周辺も混み合うと思いますから、車では行かない方が良いでしょう。

打ち上げ会場へ向かう道は、交通規制により歩行者専用になります。

案外、そこから見る花火も良いんですよ。

会場は激混みですし、花火を見終えたら一足早く駅に向かえるので、帰りの混雑を少しでも避けられるかと思います。

ただ、打ち上げの規模が小さくなったり場所が変更になると、紹介している穴場スポットでどれだけ見られるかは分かりませんので、そのことは了承ください。

さいごに

記事として掲載する情報をまとめている時に、偶然フェイスブックに「宇治川花火大会の復活を望む会」というコミュニティを見つけました。

復活のための要望書なども出されてましたし、意見を寄せる人たちの宇治川花火大会の思い出、なによりも街の誇りとして存在していたのだということが伝わってきました。

夏の風物詩・宇治川花火大会、みなさんのためにも再開して欲しいと思います。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る