大國魂神社の初詣2018年の混雑予想!狙い目の参拝時間は?

Photo: 大國魂神社 随神門から参道を望む by Yasunari Goto

Pocket

東京都府中市に鎮座する大國魂(おおくにたま)神社の初詣は、例年三が日で50万人もの人出がある有名スポットです。

商売繁盛や縁結びなどのほかにも、厄除け・八方除の御利益があります。

そんな大國魂神社の初詣に関して、混み合う日や時間、狙い目の時間などを調べてみました。

アクセス情報もありますので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

大國魂神社について

大國魂神社は、約1900年前に創建されたと言い伝えられています。

その時代は信仰心が篤く、全国にある神社を社格の高い一宮から順に巡拝するほどでした。

それだと、巡拝にかかる時間は膨大なものになるので、できるだけ短い時間でできるようにと考え、各国に国府を設け政などを行うようにしました。

神社も政には重要な施設でしたので、国府の近くに鎮座していたわけですが、大國魂神社は武蔵国の一宮として創建されました。

東京都内でも、歴史ある神社の1つとして知られていて、例大祭のくらやみ祭は多くの見物客が訪れる有名な祭りです。

混雑する日・時間帯は?

大國魂神社の初詣ができる時間は、三が日で次のようになっています。

・12月31日 6時30分~1月1日21時
・ 1月 2日 6時30分~20時
・ 1月 3日 6時30分~19時

3月31日までは、参拝時間が6時30分から17時までとなっていますが、初詣の時季だけは特別な時間となっています。

この三が日中で、最も混み合う時間は12月31日11時ころから1月1日3時ころまでとなります。

いわゆる2年参りをする人も大勢いるからですね。

1日0時からは、崇敬者約60人が1人3打ずつ太鼓を打つ儀式初太鼓打初式が行われます。

こちらに合わせて来る人も多いですね。

太鼓の音で、悪疫を払う意味合いがあるそうですよ。

三が日中を通して混み合う可能性のある時間は、次のようになります。

・1月1日 0時~3時、9~19時
・1月2日 9時~18時
・1月3日 9時~17時

上記の時間帯では、氏子青年崇敬会による御神酒の振る舞いがあります。

縁起物ですから、人気がある行事ですね。

例年、参道には屋台がたくさん並びます。

日中の初詣客は、屋台もお目当ての家族連れやカップルも多くなるので、かなりの混雑になりますよ。

スポンサーリンク

狙い目の参拝時間は?

できれば、少しでも混雑がない中で初詣の参拝に行きたいというならば、狙い目の時間は次のようになります。

・1月1日 3時以降~9時ころまで、19時以降~21時まで
・1月2日 6時30分~9時ころまで、18時以降~20時まで
・1月3日 6時30分~9時ころまで、17時以降~19時まで

2日と3日は、開門直後からと閉門1時間前くらいが、あまり混雑に巻き込まれない時間帯でしょう。

特に早朝は、清々しい気持ちでお参りができますから、1年のお願いをするには良いのではないかと思います。

御守りなどを購入したい人もいると思いますが、初詣時間に合わせて授与所も開いていますから、混雑する中で買いたくないならば、狙い目時間で行った方が良いですね。

大國魂神社の駐車場・アクセス情報

車でのアクセスについて

・中央自動車道 国立府中IC-国道20号経由
・中央自動車道 府中スマートIC下車 約10分

駐車場ですが周辺に数ヵ所あり、約200台の収容となります。

ただ、三が日中の日中ですと、ほぼ停められないと思った方が良いでしょう。

それならば、途中までは車で来て、あとは公共交通を利用して初詣に向かった方が、スムーズに移動できて良いかと思います。

公共交通でのアクセスについて

・京王電鉄京王線 京王府中駅下車 徒歩約5分
・JR南武線、武蔵野線 府中本町駅下車 徒歩約5分

公共交通でのアクセスは、駅から徒歩5分ほどで大國魂神社まで向かえるので、良い方ではないでしょうか。

時間帯によっては、電車も混雑することがありますので、その点も考えて利用した方が良いかもしれませんね。

さいごに

大國魂神社の御利益は、開運招福・商売繁盛・交通安全・厄除け・縁結びとなっています。

八方除の御利益もあるというので、これから何かを始められる人や、いわゆる厄年の人は祈祷もおすすめですよ。

摂社や末社もあり、安産を祈願できるところもありますので、それぞれにも参拝をしておきたいですね。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る