寒川神社の初詣2018年の混雑状況!おすすめの参拝時間は?

Photo: 寒川神社 神門 by _yiso_

Pocket

例年40万人の初詣参拝がある、神奈川県高座郡寒川町にある寒川神社は、県内で1、2位を争う人出になる人気の初詣スポットです。

そこで、寒川神社へ初詣に行く際に、気になることをまとめてみました。

  • 初詣で混雑する日時間帯
  • おすすめの参拝時間は?
  • 寒川神社の特徴と見どころは?
  • アクセス方法と駐車場情報

スポンサーリンク

初詣で混雑する日・時間帯

初詣に約40万人の人出というのは、三が日中のデータですので、この3日間に初詣に向かうのであれば、それなりの時間を並ばなければならないと思った方が良いですね。

子供さんを連れての初詣ならば、寒さのこともありますので避けた方が良いかもしれませんね。

時間帯ですが、3日は日没で閉門となりますが、1月1日、2日は終日となりますから、いつでも参拝できます。

この中で最も混雑するのは、1月1日に日付が変わる頃です。

というのも2001年の元旦より始まった、干支ねぶたが点灯されるからです。

これは青森のねぶた飾りのことで、神門に飾り付けられ1月1日0時ちょうどに点灯されます。

この干支ねぶたをくぐり抜けると、厄除けになると言われているんです。

また、干支ですので毎年変わりますから、それを楽しみにしている人も多いのです。

おすすめの参拝時間は?

1月4日からは、通常の参拝時間である6時から日没になります。

三が日以外で初詣ならば、4日以降はほぼ混雑を避けられるでしょう。

三が日中に初詣へ行く場合は、元旦になった直後の賑やかさが一旦落ち着く2時から3時以降、8時くらいまで間の時間が狙い目です。

1日の6時からは歳旦祭が始まり、熱心な方は観に来られるますが、混雑するというほどではありません。

お正月らしい雰囲気の中で参拝するなら、6時頃からも狙い目です。

あとは3日間の午前中から夕方を避け、早朝と夕方以降を狙えば比較的混雑に巻き込まれずに参拝ができます。

でも、少しは並びますから、寒さ対策は必須ですね。

寒川神社の特徴と見どころは?

寒川神社の特徴

寒川神社の最大の特徴は、全国で唯一の八方除守護神であるということです。

八方除というのは、簡単に説明すると方位や気学風水、陰陽道などによる吉凶の運の中で、どうしても避けることのできない災難などをできるだけ最小限にするという考え方です。

寒川神社の現在の場所は、創建時には相模湾に面していたようです。

そこから夏至には丹沢の大山に、冬至には箱根の神山に、春分・秋分の日には富士山にと、日の入りが確認できる位置なのです。

これは、八方除祈願のための好条件が揃っている場所にあたります。

そして、祭神は寒川比古命(さむかわひこのみこと)と寒川比女命(さむかわひめのみこと)の二神で、こちらは八法除の寒川大明神と呼ばれています。

寒川神社の見どころ

初詣に行けば、そこでお守りを授与(購入)する人もいますよね。

寒川神社にももちろんあるのですが、カードタイプでお財布などに入れられる物と、従来の袋タイプの物が用意されています。

ただ、色が5色あるのですが、それぞれに意味があるのです。

そこで、見どころとして寒川神社のお守りの5色のそれぞれの意味と、デザインの由来についてを紹介します。

デザイン

カード、袋タイプとも、はまごうという植物がデザインされています。

砂地でも育つ植物で、昔は海岸でも多く見られました。

寒川大明神がしとね(御座)として使用していたことから、お守りのデザインにも使われているようです。

寒川神社は、かつて相模湾に面していたとお話ししましたが、その時代にこのはまごうも自生していたのかも…と考えてしまいますね。

5色の意味
白色のお守り 開運招福、万願成就
紫色のお守り 健康回復、身体健全
赤色のお守り 縁結び、家庭円満
青色のお守り 成績向上、目的達成
黄色のお守り 金運向上、職業繁栄

アクセス方法と駐車場情報

口コミ情報などで確認したところ、三が日中は交通規制もあり大変渋滞するので、車では行かない方が良いという意見が多くありました。

また、寒川神社には第1から第4までの400台ほど停められる駐車場があるのですが、車両進入禁止になる箇所があることから、全て三が日中は利用できないようです。

2018年の案内はまだ出ていませんが、そのつもりでいた方が良いかと思います。

周辺に有料駐車場もあるのですが、これも口コミ情報によると、時間帯によっては駐車場で1、2時間、参拝に1、2時間も並んだ…というのもありました。

ですので、紹介した混雑する時間を避けて寒川神社周辺の駐車場を利用するか、最寄り駅よりも2つ3つ手前または先の駅周辺駐車場を利用し、JRを利用することをおすすめします。

車でのアクセス

・圏央道寒川北IC下車約3分
・圏央道海老名IC下車し県道46号を寒川大橋方面に約10分
・東名高速道路厚木IC下車約20分

公共交通の最寄り駅

・JR相模線 宮山駅下車し徒歩約5分

さいごに

寒川神社は、マスコミ業界の参拝も普段から多いそうです。

特にテレビでは、新番組の放送前に、視聴率祈願での参拝がよく見られます。

建築関係に携わる人、特に個人の家の建築士さんでも、八方除を大切に考えている人が割と多く見受けられます。

昔からの考え方は、非合理的と思う人も少なくはないですが、伝えられるだけの理由はあるので、寒川神社への初詣という機会に向き合ってみるのも良いですね。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る